Jwaveの4つの誓い

社員全員が安心して働ける環境づくりに取り組みます。

1.雇用の輪を広げ、
みんなが活躍できる環境を
全力で提供します

シングルマザーやシングルファーザーなど、ライフスタイルに合わせた働き方をサポートしています。
障がいのある方や働く意欲のある全ての方に、活躍の場を提供できるように企業努力を行います。

2.みんなが
スキルアップできる環境を
全力で提供します

入社前に仕事に対するビジネスマナーや個人情報保護の実践に必要不可欠な 知識を教育します。
皆様の自主性を大切にしたeラーニング形式スキルアップ研修を準備しています。製造からデスクワークまで無料で自由に受講可能です。

3.コンプライアンス

社員全員が安心して働ける環境づくりに取り組みます。

雇用開発に取り組む企業として労働関連法令を遵守し、適正な雇用開発に取り組みます。
労働基準法、労働者派遣法、労働安全衛生法を遵守し、公正で適正な企業活動を展開します。
個人情報保護法に則り個人情報を適切に取り扱います。
納税の義務、社会保険料の納入義務につきまして滞納はいたしません。
各種税法及び会計基準を遵守し、不適切な経理処理は一切いたしません。
入管法に則り適正に外国人労働者を雇用いたします。
就労可能な在留資格の確認を行ったうえで採用し、雇用保険加入時に、在留資格、在留期限、国籍等を記載して届け出ております。また、日本人と同様に社会保険に加入させております。
障がい者の雇用に積極的に取り組み、法定雇用率の達成に努めます。
反社会的勢力との関係はございません。
万一、反社会的勢力が介入してきた場合には、毅然とした態度で臨み警察当局と連携し、適切に対応いたします。
人権ならびに労働者の権利を守ります。
従業員の人権を守り、労働者としての権利(団結権など)を尊重します。また児童労働、強制労働は一切いたしません。

4.安全衛生の取り組み

健康安全管理の実施
従業員の健康の保持増進を目的とした健康安全管理を実施しており、従業員が健康で安全に働けるようにサポートしています。 全国各拠点に産業医を選任しています。健康診断後の保健指導や個別の健康相談の受付、健康情報の発信などを行っています。メンタルヘルスへの取組みについても、定期的にアドバイスを頂き、施策に反映しています。
労働安全衛生委員会の活用
事業主および労働者の双方で労働災害の防止などを審議するとともに、職場のより快適な環境作りを目指して毎月1回開催される「労働安全衛生委員会」を活用することにより、職場環境の改善や提案など、労働者の意見が反映され、働く側にとって、業務に集中しやすい就業環境を確保しています。
産業医の配置
働くみなさんが、健康で安全な環境で働いていただけるよう、各拠点にて産業医を選任しており、医学的な専門的知識を活かし、従業員の健康管理に努めています。
衛生管理者の活動
衛生管理に係る知識を持ったメンバーを全国に配置し、毎月開催する労働安全衛生委員会に参加させるなど、労働災害を未然に防ぐだけでなく、安心、快適な職場環境を維持・管理していくための体制を整えています。
過重労働防止対策
派遣スタッフを含む全従業員の月間の時間外労働時間が適切な範囲内であるかチェックしており、長期間に渡って労働時間が多い場合は就業環境を含め原因を追求し、派遣スタッフに関してはお取引さまと協力して管理を徹底するなど、過重労働の防止に努めています。

労働方針

児童労働の禁止
弊社は、ILO条約及び関係法令で定められた就業最低年齢未満の社員の児童労働は行いません。また、18歳未満の社員については、危険有害労働などの健康と安全が危険にさらされる業務には従事させません。
結社の自由と団体交渉
社員が使用者と対等の立場に立って、労働条件などについて交渉するために、労働組合をつくる又は労働組合に加入する権利を尊重します。また、使用者と交渉し、協約を締結し率直に話し合う機会がもてるように努めます。

プライバシーマーク

プライバシーマーク 当社は
「プライバシーマーク」使用許諾事業者
として認定されています。
プライバシーマーク制度は、事業者が個人情報の取扱いを適切に行う体制等を整備していることを認定し、その証として“プライバシーマーク”の使用を認める制度で、次の目的を持っています。
  • 消費者の目に見えるプライバシーマークで示すことによって、個人情報の保護に関する消費者の意識の向上を図ること
  • 適切な個人情報の取扱いを推進することによって、消費者の個人情報の保護意識の高まりにこたえ、社会的な信用を得るためのインセンティブを事業者に与えること